意外に驚く全体の25%が悩んでいる男性の薄毛事情!

薄毛だとはっきり分かる人もいればヘアスタイルで全く気付かない人もいます。でも本人はかなり自覚をしていることでしょう。男性の約25%は薄毛を気にしたり悩んだりしているようです。でもその内の80%~90%はAGAだと言われています。AGAなら治療をすれば悩まされずに済む可能性が大きいです。

*

AGAの治療薬を購入するにはどうしたらいいのか?処方がなくても個人輸入で入手

      2016/10/16

前頭部と頭頂部の髪の毛が薄くなってきたら、AGAである可能性が高いので正式に診断してもらいたいときは、お近くの専門病院に行くことをおすすめします。

AGAを発症すると短期間で全ての毛が抜けてしまうわけではないですが、徐々に抜毛の量が増えていき新しく生えて来る毛も成長しきれずに細いままになります。数ヶ月~数年をかけて少しずつ薄くなっていくとはいえ、まだ若い年齢にもかかわらずおでこが広くなったり頭頂部の皮膚が透けて見えるほど薄くなると、老けて見られるので早めに対処する必要があります。

治療薬はミノキシジルとプロペシア

20代や30代の若さでもAGAを発症する可能性はあるので、治療薬を使って治すようにしましょう。
AGAの原因は、5αリダクターゼという酵素が、DHTという男性ホルモンを生成するために起こります。なぜいきなりそうなるのかについてははっきりとは分かっていませんが、遺伝や加齢、生活習慣、ストレスなどの問題によるものと言われています。脱毛スイッチが入ると血管が収縮して髪に必要な栄養が届かなくなるので、発毛しにくくなりますし生えてきたとしても細くて短い状態なのですぐに抜け落ちてしまいます。

専門病院に行くと血管を拡張させ、血液の流れを良くする効果のあるミノキシジルという薬を処方してくれます。
もともとは高血圧の治療薬だったのですが、頭皮への血流を促す効果が判明したので、今では薄毛のための治療薬として用いられています。

一度脱毛スイッチが入った毛根は自然に昔の状態に戻ることはなくDHTを生成し続けるようになりますが、ミノキシジルで対策すればそれを食い止めることが出来ます。

ただしミノキシジルで血管拡張を行うだけでは不十分なので、多くの専門病院ではプロペシアも同時に処方してくれます。
プロペシアには5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるので、DHTの生成を抑えるのに役立ちます。ミノキシジルとプロペシアを使えば、薄毛の進行が止まり、発毛も期待ができます。

処方なくても個人輸入で購入

ミノキシジルとプロペシアを購入するためには病院で処方をしてもらわないといけない医薬品です。

しかし安い薬ではないことと病院へ通うとなると通院代や処方せん代も必要となり、病院によって少しの違いはありますが高額となってしまうこともあります。そこで専門病院で処方してもらうよりも安く購入したいときは、個人輸入で入手するようにましょう。「個人輸入なんてやったことがなく不安」と思っていても代行をしてくれるサイトがあるので問題はありません。

信頼できる個人輸入代行サイトに注文すれば、にせものを送ってくる心配がないので安心です。中には怪しいサイトもあるので、にせものを使いたくない人は十分注意し、口コミの評判の良いところのみを利用するようにしましょう。

処方せんがなくても誰でも薬を購入できるのが個人輸入代行通販の良いところなので、AGAを改善したいときは利用するようにしましょう。